民間企業から地方公務員に転身した人のブログ

民間企業から地方公務員(県庁)に転身した男が、日々遭遇する違和感に苛まれ、また気付きを得ながら悪戦苦闘している様をご紹介します。記事内容は、#仕事術 #転職 #就職 #キャリア #公務員の仕事 などを中心に紹介しています。

【読書メモ】仕事の技法(田坂広志)

通勤時間を利用して、毎日1時間弱の時間を読書に当てています。 毎日、決められた時間の中でしっかりと本の内容を吸収したいと思えるので良い習慣かなと思っています。 結婚、育児などのライフスタイルの変化が生じると、自分自身の時間というのは非常に限…

公務員の副業解禁について

◎今日のブログのまとめ ・公務員の副業ってどうなの? ・これからの公務員の働き方 公務員の世界でも「副業」が熱を帯びてきた感があります。 こんなイベントも ↓ ↓ ↓ https://www.businessinsider.jp/post-172856 私の所属する県庁ではまだあまり・・・です…

公務員の面談・異動について

◎今日のブログのまとめ ・公務員の年1回の面談 ・公務員の異動の方法(公募制人事) 1 公務員の年1回の面談 今回は、公務員の中の異動などのルールについてご紹介します。 あくまで私が所属する県庁の話ではありますが、ある程度、どの自治体でも運用され…

民間企業から地方公務員に転職して収入激減した男の結論(仮)

◎今日のブログのまとめ ・民間企業から地方公務員に転職した際のメリット ・民間企業から地方公務員に転職した際のデメリット 先日、地方銀行から地方公務員に転職した人のインタビュー記事をネットニュースで拝見しました。 内容は概ね、共感できる内容であ…

②県庁の働き方は採用で変わる。(私が県庁の採用のリーダーであったら)

◎今日のブログのまとめ 公務員の配属の改善 それでも不合理な配属はどう乗り切るか? ======================= 先日のブログで、県庁の働き方は採用で変わるとお伝えしました。 具体的には①採用と②配属が大事であると。 k-hacks.hate…

県庁の働き方は採用で変わる。(私が県庁の採用のリーダーであったら)

◎今日のブログのまとめ ・「働き方改革」とは「働きがい」を感じることから始まる。 ・働きがいを作る根源は「採用活動」 ・つまり、「働き方改革」とは「採用活動の改革」である。 1 役所の働き方改革の行く末 先日のブログで働き方改革を進めるうえで「働…

個人の経験、適性を生かした組織づくりへ

◎今日のブログのまとめ ・公務員の配属の現状 ・個人の経験、適性を生かした配置へ 「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員」賞を受賞した福井県庁の岩田早希代さんのインタビューを拝見して、「仰るとおり!!」と何度も共感し、最終的には感動する…

公務員の働き方改革について

◎今日のブログのまとめ ・何をするか(To Do)ではなく、どう在りたいか(To Be)という観点の重要性 国の方針に従い、公務員も民間企業も働き方改革が叫ばれています。 当然、長時間の労働を強いられて、命を落とす、健康を害すということは絶対にあっては…

公務員の働くやりがいについて考える②

◎今日のブログのまとめ ・公務員自身が感じる仕事へのやりがいは総じて低い事実がある。 ・公務員の働き方改革の不思議 ・生産性を高めるためには、仕事にやりがいを感じる公務員を増やすしかない。 前回のブログで、公務員の働き方改革について、少し触れま…

公務員の働くやりがいについて考える①

◎今日のブログのまとめ ・公務員自身が感じる仕事へのやりがいは総じて低い事実がある。 ・公務員の働き方改革の不思議 ・生産性を高めるためには、仕事にやりがいを感じる公務員を増やすしかない。 昨今、何かと『働き方改革』が叫ばれて、公務員の世界でも…

リーダーシップとは信頼がもたらす安心感なのかも

今日のブログのまとめ ○リーダーシップを発揮するということは誰よりも知識や経験を持って、強烈な個性、カリスマで引っ張るのではなく、互いが信頼することで生まれる安心感の上に成り立つものということ。 私は、リーダーシップを勘違いしていたかもしれな…

公務員の仕事術③(ノート術③) モヤモヤするときこそ・・・ノートを開こう!

◎今日のブログのまとめ 仕事を整理するために頭を整理するノート術のご紹介③ タスクを頭から取り出してノートに書いて、頭をスッキリさせよう 常に予定外のタスクを想定して、余白のある段取りとしよう シングルタスクをとにかく意識して、一つ一つ潰してい…

公務員の仕事術③(ノート術②) モヤモヤするときこそ・・・ノートを開こう!

◎今日のブログのまとめ 仕事を整理するために頭を整理するノート術のご紹介② 今回は前回のブログに引き続いて、ノート活用術の第2段をご紹介します。 ちなみに前回ブログは下記の内容で、自分が気になること、不安に感じること、タスク等をとにかく書きなぐ…

公務員の仕事術③(ノート術①) モヤモヤするときこそ・・・ノートを開こう!

◎今日のブログのまとめ 仕事を整理するために頭を整理するノート術のご紹介 ご無沙汰しております。 最近、業務やプライベートでバタバタとしていて、なかなか仕事の棚卸しや情報発信ができていませんでした。 久し振りにブログに向き合うと色々と改めて気付…

電話対応の不思議

仕事を進める上で電話はよく使うツールではありますが、結構使い方を誤ると面倒なツールになる。 以前、ホリエモンが言ってましたが、「電話かけてくる奴とは仕事しない」的なこと。そこまでは言い切りませんが、なかにはおやおやと思うケースもある。 ①余計…

公務員の仕事術② 情報の一元化と見える化

公務員は、定期的に異動がありますが、その課、係の担当事務の内容はあまり大きくは変わりません。 つまり、同じような仕事を定期的な人事異動を経て、担当者が代わりながら担うため、引き継ぎは非常に重要となります。 引き継ぎに不足などがあると新しい部…

目線は高く!

「2つ上のポジションのつもりで仕事をしろ」 これは以前に副知事から新採用メンバーにもらった言葉です。 生意気ながら2つ上のポジションの先輩の仕事を見ながらあーだこーだ思いながら学ばせてもらっています。 来年はよりそのポジションの仕事の量・質を…

公務員の異動の不思議

久し振りのブログ更新になります。 突発な業務が入り、定時上がりの日々から一転して、超過勤務が200時間を超える毎日でした。 何でも極端は良くないですね。。。 今年もいつの間にかあと2ヶ月。 役所はこの時期に各課ごとに上長との面談があり、現在の仕事…

プロとそれ以外の違い

仕事でミスがあった。こっちがミスしたのかのかがハッキリわからないのだけど、確認不足というミスでもある。 最後のちょっとした手間であっても確認しきれていたか?最後まで気を抜かずにやっていたか?そこへのこだわりが弱くて起こってしまったミスだ。こ…

意思決定が遅いことだけが問題ではないなと。

役所の意思決定スピードはやはり遅い。意思決定システムの問題と、各人の判断力の差や非本質的な指摘があったりするからなんですが。 先日課内での飲み会で「民間よりも意思決定のスピードが遅いよね。。。!?」と先輩方から言われた。それは自分たちでもそ…

公務員のプロジェクトマネジメント

部署により、役所の仕事は大きく異なってきます。数年後に、別の部署に移るとまた勉強しないといけないことが多く、ちょっと心配。。 できれば長くいて、次年度以降は仕事の進め方に慣れた状態で進めて定時には帰って趣味や勉強に時間を使いたい。。 でも、…

役所の不思議、人事の不思議

役所の人事というのは奇妙なものである。そんな奇妙なものに皆3月中旬頃にそわそわする。数年のサイクルのため今年は自分の番ではないと思いつつもやっぱりそわそわするものである。 役所に限らず、大方の企業もそうかもしれないが、???と思わざるを得な…

生産性から程遠い世界

今の部署はとても残業が多い部署で、昨年度は全体でもかなり上位(下位?)にランクインする残業時間でした。 部署の自分たちも忙しいと感じていて、周囲もとても忙しい部署だと認識されている。人間はどんな環境でも次第に順応していくわけで、何となく体が…

言葉の力

民間から公務員に転身して数年。 仕事に慣れてきた部分もあるけど、角が少しずつ丸くなっているような気がして何だか何とも言えない不安や恐怖を感じる今日この頃。 慣れてきたので、少しずつ自分のやりたいようにやらせてもらいます!って感じで頑張ります…

前を向く仕事よりも後ろを向く仕事が多い

最近、仕事をしていて、感じる。前を向く仕事よりも後ろを向く仕事をしている。 非常にイライラする。 役所はよく前例踏襲と揶揄されるけど、そこには功罪が幾つかあります。決してネガティヴなことばかりではありません。 ▪️良いこと毎回の判断がブレること…

モチベーションと仕事

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか (幻冬舎新書) 作者: 相原孝夫 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2013/03/29 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る ふと、最近の仕事での自分を振り返りながら読んでみる。 そういえば最…

【志事】歳を重ねるほどに、素直でありたい

今週から、諸事情でバタバタと過ごしておりました。暇よりはいいですね。 先日は、大学の友人の結婚式に参加。会場は表参道テラス。 学生時代に、ゼミが一緒になり、どうゆうわけか気が合って今日に至る関係性。酔っぱらって自分のカバンに吐いていた人間が…

民間と行政の大きな違い②

前回の続き。 ========================================民間企業から官公庁に転身して、もうすぐ一か月。少しずつ前職(民間企業)との違いを感じることがあるのでブログに書いてみる。 大きく感じる点は2点。【1】課題の「設定」という観点が弱いこと。…

民間と行政の大きな違い①

民間企業から官公庁に転身して、早数年。 改めて、入庁後に感じたこと、 違和感を覚えることをブログで記しておきたい。 大きく感じる点は2点。【1】課題の「設定」という観点が弱いこと。【2】戦略性 まず【1】について書いてみる。【2】は次回に回す…

【ビジネスマンとして権利と義務と責任がある。

愚痴りたくなることや、文句を言いたいことは多々あります。 もちろん、吐き出すことですっきりすることもあるので一応の効用はあるように思います。 ただ、社会人10年以上の経験者がいつまでも愚痴る、文句を言うだけでは格好悪いと思うけど、それでもそう…