民間企業から地方公務員に転身した人のブログ

民間企業から地方公務員に転身した男が、日々遭遇する違和感に苛まれ、また気付きを得ながら悪戦苦闘している様をご紹介します。

【読書メモ】見た目がものを言う時代

 

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール
 

ある人は言う。見た目なんて関係ない。問題は中身だと。

ある人は言う。見た目にこだわる暇なんてない。そんなの見た目にすぎない。

 

善し悪しはあれど、「見た目がものを言う時代」であることは間違いないのだと感じる。

どんな理性的な人でも、直感的に判断することは多い。
多分ほとんどの人が、あるゆるシーンで瞬間的に「見た目」で判断している。

 

だからこそ「見た目」は大事なのである。

資料やスライド等で「見た目」にこだわらないと、まとめに読んでもらえない。
そもそも読む気にならない。

 

何もそんな大げさにこだわる必要はない。
ちょっとした工夫で劇的に見た目はかわる。でもそれに気付かずにいまいちな資料を作る人が多い。

ちょっとした工夫で、効果が大きく変わる。


「見た目」の本質的な価値を感じているけど、整え方がわからない方はぜひご一読を!